ジャニ、時々、サメ

ステージで輝く人たちと、軟骨魚類が好きです。

MADEクリエ(初日)に行ってきました。

MADE単独はもちろん、混合とか宇宙sixとかのセトリ上がってる中でめっちゃ遅いにも程があるんだけど自分用に今上げておかないとこのままずるずる行ってしまいそうだったので。

 

まず何点か諸注意。

・MADEクリエに行くのは初めてでした。っていうかMADEを今の四人でMADEとして認識したのも結構後。っていうかむしろ直前。

・クリエ行く前はカルテコンの愛のエレジーで踊る大河に目が行きました。(そら行くわな)

・観に行く直前までは大河7.5、のぶき2、他二人0.5ぐらいな感じだったかな。(見る比率の問題)

 

詳しい解説とかしたいんだけど、とりあえずセトリだけ投げておきます。

自ユニ以外はネットの海に流れてる情報を元にしてるので間違ってたらごめん。

 

以下、2017年5月18日MADEクリエ(初日)のセトリ。

♪EMMA/NEWS

♪FIRE BEAT/Kis-My-Ft2

♪CARNIVAL NIGHT Part2/嵐

♪愛のMelody/V6

-メニュー紹介ー

♪HEY!和/KinKi Kids

台風ジェネレーション/嵐(台詞:富岡)

♪BUTTERFLY/KAT-TUN

♪愛してるぜT&T(稲葉&福士、富岡&秋山)

♪Lis'N/増田貴久

♪Don't You Get It/嵐

♪前向きスクリーム/関ジャニ∞

ーMCー

♪スマイル/Kis-My-Ft2

ー○○事件のコーナー(♪Dear, Woman)ー

・年越し事件(♪SHOCK ME/NEWS)

・ラップ事件(♪Real Face/KAT-TUN)

・ジャケット事件(♪ロメオ2015/小山慶一郎)

・五・〇四事件

♪スギルセツナ/Hey!Say!BEST

♪superSONIC/嵐

♪限界メーター

♪やっちゃった!!/舞祭組

♪BYAKUYA/NEWS

♪Wonder/NEWS

Crazy Rainbow/タッキー&翼

♪Magic Power/Hey!Say!JUMP

♪エナジーソング~絶好調超/嵐

 

EC

世界に一つだけの花/SMAP

♪NYARO

 

(下手バルコ見学:寺西拓人)

(上手バルコ観劇:小山慶一郎)

 

 

五十音で選ぶオススメ曲。[関ジャニ∞編]~その3~

また近いうちに、って言って226日が経過してましたすみません。

どうもこんにちは。つかたんです。 

 

リサイタルが終わった時点で一回更新しようとしてたんですが、しようとしただけでした。アカンやつ。

気付いたら2017年ですよ、光ちゃんおめでとうでした!38歳!村上信五おめでとうでした!35歳!

元日のKinKiコンに行ったら何かどう見ても結婚式にしか見えなかったんだけど(主にケーキ)、ついった帰ってきたらみんな同じような事言ってて安心したよね。あるある。

 

さて、そんなこんなでこの企画にどんだけ時間掛けとんねんってなりますけど最後、どうぞお付き合い下さい。

五十音で選ぶオススメ曲。[関ジャニ∞編]その3!

その1はこちら↓

drivemedream.hatenadiary.com

その2はこちら↓

drivemedream.hatenadiary.com

 

今見たら半年に一回の更新ってヒドいな…w 

ルールは今まで通り「曲の頭文字」から選んだ曲をオススメしていく簡単仕様です。

 

【ま】Masterpiece / 関ジャニズム収録

まぁ、イントロから上がるよね。レーザービュンビュン飛ばして欲しい感じです。

あと叶うならダンスしてるとこにプロジェクションマッピングとかで色々エフェクト盛りだくさんにしてほしかったりする。二次元なの?三次元なの?みたいな演出にして、最後オチサビからラスサビのとこでエフェクトの中から飛び出して欲しさある。めっちゃある。

関ジャニ∞ダンス王道曲としてはもうちょっと定着して欲しかったけど、どうにもブリュレは強いよね。あと村上信五の「♪カウントダウン3、2、1」が好きすぎて困る。

 

【み】乱れ咲けロマンス / 愛でした。収録

ブラス隊にギターのイントロでテンション爆上がりするやつです。

すっごい時間経ってからじゃないと出来ないかも知れないけど、KinKiの薔薇と太陽みたく、楽器演奏隊とダンス隊に分かれてパフォーマンスしてみてもいいのかもとか思ったりします。

とりあえず村上信五の「♪乱れ咲けロマーンス」のとこでガッとビジョンに抜いて欲しい。

 

【む】無限大 / 好きやねん、大阪。・8EST収録

これはねー、正直2択だったのですげー迷ったんだけど、でもやっぱりこの曲に泣かされた事がたくさんあって、たくさんの思い出が詰まってるからこっちにしました。(もう1個は無責任ヒーロー)

無条件に泣く訳ではないけど、やっぱりオーラスとかで聴いちゃうと泣いちゃう。

優しさだけじゃなくて切なさにもすべてにも「ありがとう」って言う関ジャニ∞が好きなんだなーって思う。

 

【め】Merry go Round / 愛でした。収録

実は、め、ってこの一曲しかないのです。

という訳で必然的にここに入る訳なんですが、歌い出しのエフェクトノイズの掛かった感じとか、結構好きです。

これはホントにバンドスタイルのアコースティックとかで聴きたい曲。

「♪あまりに綺麗で」の高音がくせになります。

 

【も】モノグラム / 8UPPERS収録

これもイントロで泣くやつ。

基本的に8UPPERS大好きすぎる芸人なのでパッチの曲は本編思い出して感極まっちゃうやつなんですよ。公園でエイトと回転遊具で遊んでる所大好き。

歌い出しの横山さんの声がめちゃめちゃ優しくってたまらなくなる。

歌詞割りが神がかってるので本編見てからまた聞いて欲しい曲。

 

【や】※欠番※

ここに来ての欠番…!

意外と頭文字で選ぶとこういう時困るよね。

 

【ゆ】Your WURITZER / JUKE BOX収録

錦戸亮作詞、錦戸亮安田章大作曲の鉄板タッグです。

ヨコヒナは出てこないんですが、年下4人のゴリッゴリのバンドサウンドで、各人のソロが入った後に出てくる渋谷すばるの圧倒的センター感がたまらない。これは是非ともJUKE BOXのライブ映像を見てください。

そしてこれが好きだなって思った人は是非とも新曲「なぐりがきBEAT」の通常盤に収録されてるTokyoholicも聞いてみてください。関ジャニ∞のバンドサウンドがそこにあります。

 

【よ】夜な夜な☆ヨーNIGHT / FIGHT収録

とりあえず騒ぎたいやつはこの曲聴いてそしてFIGHTコンのDVDを見よう。

いきなり結婚行進曲から始まるトンチキ具合はホントに病み付きになります。

夜な夜なトリオ(村上・大倉・安田)のふわふわした感じが衣裳から何から滲み出てて、あのね、端的に言って最高。

多分この曲に意味とか理由とか関係なくて、ただふわ~~って楽しみたい人にオススメです。ちゅ~んじゃ!

 

【ら】LIFE~目の前の向こうへ~ / LIFE~目の前の向こうへ~・8UPPERS収録

最近はバンドでの露出が多くなってきた彼らですが、関ジャニ∞のバンド形態が確立された曲と言えばやっぱりこの曲なんじゃないでしょうか。

あのねー、ヒナ担としてはコンサートで聴くLIFEがたまらなく好きなんですよ。

和音が多いのって、その時の余裕が即座に反映される訳で、つまるところ成長が如実に現れる訳じゃないですか。

詳しい事はよくわからないけど、村上信五グリッサンド大好きすぎるんでこの曲選んだみたいなところもあります、はい。オチサビのピアノからのグリッサンド最高すぎて。

あとはやっぱり♪振り返らずに歩み続けたい 僕は一人じゃないから、って歌詞がド直球で好きなんです。

 

【り】Revolver / 8UPPERS収録

(パッチの話ばっかりして悪いとは思っている…思ってはいるんだ…)

8UPPERSのソロからアーセナルこと、渋谷すばるの曲を。

劇中のアーセナルの曲と言いながら歌詞に「eighter」って入ってるという、何だっけメタ効果みたいなのもありつつ。

これもギターかき鳴らすゴリッゴリのバンド曲なんです。叩きつけるように歌うアーセナルめちゃめちゃカッコいいので是非ともMV見てください。Wonderful World!!初回B収録です。

 

【る】琉我 / ズッコケ大脱走収録

Revolverが叩きつけるように歌うとしたら、琉我は舐め上げるように歌う渋谷すばるソロです。

すばるの歌って本当に心臓の奥の方をぎゅっと掴んでくるんです。

女性詞がまた色っぽくて、その歌詞に哀愁漂うブラスが乗ってくるのに、細っこい身体で、喉に血管浮かせながら歌うんです。

47のDVDでも見れますので是非とも。ちなみに47のDVDどちらを買うか迷った時にはまずは寝起きドッキリを買ってみてください。まずは。まずはね。

 

【れ】RAGE / 関ジャニズム収録

TBS系「FOOT BALL2014夏」のテーマソングだった曲なので関ジャニ∞を知らずに耳にした人も多いかも知れません。

♪決戦のステージをこの手に掴み取れ

願い続けたサッカーのお仕事を掴み取ってきた村上信五の歌う上記の歌詞の破壊力たるや。

もうツアー終わったから言うけど、今回のツアーでも歌いましたから皆さん、是非とも新しいツアーDVD出たら見てください!村上信五超かっこいいから!!

 

【ろ】ローリング・コースター / PUZZLE収録

報われない系男子のイメージがどうしてもついてしまう関ジャニ∞ですが、この曲もその中の一端を担っていると思いますw

今回のツアーでアコースティックコーナーがあったんですが、その中でも歌われていた未だに根強い人気の一曲です。

残念ながらワタシはこの曲には遭遇出来なかったんで、DVDが出るのを楽しみにしてようと思います。日替わり全部入れてよね、インフィニティたん!!!

 

【わ】ONE / KJ1 F・T・O収録

最後の最後でまたすばるの話するっていう、お前誰担だよ状態でお送りいたします。

すばるBANDのONEです。これはね、やっぱりダメだった。選ばざるを得なかった。

バンド技術も今と比べればまだまだ覚束ない4人(すばる、安田、丸ちゃん、ただよし)

での演奏なんだけど、圧倒的な熱量が違うの。歌詞の重みが全然違っていて。

これ今歌ったらどんな風になるんだろうって思うんだけど、柔らかくなったすばるには出せない色気があるので、これは音源だったりDVDを見て欲しいです。Spiritsね。

この曲を聴く度に、すばるが手を伸ばした先に咲くたくさんの花の一輪で在りたいと思うんです。すばるをはじめとして関ジャニ∞が望む先に誇らしく咲き続けたいと思うのです。

 

以上、お付き合い頂きましてありがとうございました!

途中どうしても我慢出来なくて~その2~【の】の項目だけ追記させて頂きました。

NOROSHI、そして最新曲、なぐりがきBEATもどうぞよろしくお願いします!

オススメは新年会の様子が1時間収録された新春特盤!

 

なぐりガキBEAT(新春特盤)(DVD付)

なぐりガキBEAT(新春特盤)(DVD付)

 
なぐりガキBEAT(初回限定盤)(DVD付)

なぐりガキBEAT(初回限定盤)(DVD付)

 
なぐりガキBEAT(通常盤)

なぐりガキBEAT(通常盤)

 

 

五十音で選ぶオススメ曲。[関ジャニ∞編]~その2~

こんにちは、つかたんです。

前回更新2月って…!www

ぼやぼやしてたらあっという間に0617が迫って来てますね。Twitterを0617仕様に変えて、ブログ更新してない事を思い出しました。(ひどい)

更新してない間はIf or...Ⅷがあって、WESTちゃんのラキセコンがあって、かざまの舞台もありましたねー。結局5回観に行きました、イントレランスの祭。

あとはついこないだNEWSコンがオーラスでしたね。ご縁があって仙台と、東京ドーム2Daysすごく楽しかったです。

舞台の方はForever Plaid 2016とMurder for Twoにそれぞれ2回行かせて頂きました。こちらの感想もまたぼちぼち出来たらいいなと思うんですが、いつになる事でしょう(笑)

 

ではでは今日は元気が出るLIVEDVD発売記念という事で五十音で選ぶオススメ曲[関ジャニ∞編]その2ー!

ルールは簡単。各文字から始まるオススメ曲を選んでそれについて語り散らすというだけです。

前回はこちら。

drivemedream.hatenadiary.com

 

 

【な】浪花いろは節浪花いろは節・感謝=∞・8EST収録

いやー、やっぱりこれは外せないでしょう。という事でデビュー曲です。

「♪ハア エンヤコラセノ ドッコイセ!」のイメージがどうしても強いこの曲ですが、メーンボーカル渋谷すばるの力強さがとにかく活きる曲ですね。

演歌カテゴリなだけあって裏に聞こえる和楽器がなかなかすばるの声と溶け合っていて、また改めて聴いてみるのもいいかも知れません。

 

【に】※欠番※

【ぬ】※欠番※

まさかの2連続欠番。いやいや、まだまだこれからですよ。

とはいえ【ぬ】始まりの曲とか想像つきませんね。

 

【ね】願い / 8UPPERS収録

これねーーーーーー。ほんとライブでやらなかったの悔しいの!!!

ただよしの歌い出しが切なくて大好きな曲です。

ラスサビ前の歪みの掛かったエレキ(だよね?)がまた切なさを増す感じなんですね。

今でこそまたバンド形式とかでやってくれることを信じています。

 

【の】no-no-no 大倉忠義 / PUZZLE収録

これはもうね、イントロからもう好き。(語彙の欠乏)

ちょうどPUZZLEの時期はただよし熱が高まっていたのでその想い出補正もあるかもしれませんが、低音バリバリのシーケンス大好き芸人なので無駄にリピートしておりました。

レーザーとかバリバリ飛ばしながら踊る感じでぜひ後輩くんとかライブでやって欲しい一曲ですな。

―――――ここから追記―――――

【の】NOROSHI / NOROSHI収録←New!

 ごめん、本当に我慢出来なかったんだ……。

CD聴いてね、「あー、すげーカッコいい曲だなー。この曲が劇場で流れんのかー」ってぽやぽや思ってた自分ほんとぶん殴りたい。助走付けて殴ろう。

ほんっと、ライブ死ぬほどカッコよかったから。

OPのムービー始まって3秒で、「あっ、これ死ぬやつ」って思ったらそんなもんじゃなかったから、関ジャニ∞

バクステ位置から二手に分かれて、厳ついチンピラスーツの兄ちゃんたち引き連れて闊歩するだけで一曲完結させちゃうとか、そんなOPムービー作ってくれた監督と亮ちゃんにもう感謝しかないし、土竜の唄の雰囲気も壊さない辺りがホントに最高。

もっかい言う、最高

そんな訳で0127追記でした。すいません。

―――――追記ここまで―――――

 

【は】バリンタン 関ジャニ∞の元気が出るCD!!収録

村子ーーーー!!!俺だーーーーー!!!結婚してくれーーーーー!!!!

DVD出ますから、出てますから皆さん是非見てください、俺の村子ちゃん超かわいいから。

関ジャニ∞の元気が出るLIVE!!(完全生産限定盤) [DVD]

関ジャニ∞の元気が出るLIVE!!(完全生産限定盤) [DVD]

 

 まぁ、村子ちゃんというかライブでのキャンジャニちゃん抜きでも大好きなんですよ。

村上信五作詞でこんなに可愛いとかもうヒナ担にはご褒美でしかないです。(こっから長くなるよ)

 まずイントロ。ベンチャーズギターのテケテケ大好きすぎて、もうここから夏のぱーりーぴーぽー感が半端ない。

あと♪ちゃーうねーん(タタンッ)が可愛すぎて何回もそこばっかり聴くんですが、タンバリンの音色が本当に可愛い。

サビのやすのハモリもいい感じに音がぶつかっていてすごく気持ちいい。

3回ぐらい聴いて曲を覚えたら是非ともDVD見てください。そこはもう異次元。

まだフラゲ出来てないので映像がどうなってるかはわかんないんだけど、LIVEで見た感じだと控えめに言って最高だった。

みんなホント足綺麗だし、何というかプリーツスカートの揺れってこんなに可愛いんだって思ったよね…。中身おっさんだけど、そこはもう広さ故の自動補正が掛かりますから。

長くなったけど、結局何が言いたいかって、村子の前髪は重めが好きって事です。(そこ)

 

【ひ】BJ / ワッハッハー収録

いきなり真面目になるけど、ワタシは村上信五の弾くピアノが好きなんですよ。

ピアノの音色とか音質とか、そういう音楽的な事というよりかは、キーボードを弾く村上信五が好きというか、鍵盤を真剣に見つめる目が好きなんです。

LIVE TOUR 8ESTで本編最後に演奏されるんですが、これは是非見て欲しい。

最後の間奏がピアノなんです。間奏ピアノソロからのラスサビに掛けてのグリッサンド。すごくいいです。

あと歌詞がすごく優しくて大好きです。

 

【ふ】Brilliant Blue / 急☆上☆Show!!収録

重ね重ね村上信五の話ばかりですいません。どうもー、村上信五の指先大好き芸人でーす。

これは一転踊る関ジャニ∞がおいしい曲です。この曲が歌われたのは初カウントダウンライブ(COUNTDOWN LIVE 2009→2010)ですね。

白マイクを握る指先がすごくいいので手フェチの方は是非とも。あと♪鮮やかなブルーのところの指先もすごくいい。

個人的にはイントロの高音から一転、歌入りでグッとベース音が響くのが大好きです。

 

【へ】Baby Baby / 8UPPERS収録

これはねーーーーー、ほんとひどい時は聴くだけで泣くやつです。

とにかく何も言わず8UPPERSのミュージックフィルムを見てくれ。あまぞんだとくそ高いけど、損はさせない。ジャニヲタの好きな要素詰まりすぎてはち切れてるから…。

Baby Babyがかかるシーンが本当に神掛かってるんです。

ワタシ村上信五大好き芸人だけど、パッチメンだと断トツでアーセナルが好きです。

 

【ほ】ほろりメロディー / 8UPPERS収録

違うねん…違うねん…言い訳させてくれ…偶然なんや…こんなにパッチが続くことになるとはワタシも予想してなかったんや…orz

しかし8UPPERSは本当に名盤なので、布教させてください。

ホーンセクションがすごくかっこ良くて、トランペットの突き抜け感とか好きな人は多いんじゃないだろうか。

あとダンスかわいいのでこれは是非LIVE盤を見てみてください。

 

長くなってきたので今日はこの辺で!

お付き合い頂きありがとうございました!

次は近いうちにやります!w

 

KANJANI∞ LIVE TOUR 2010→2011 8UPPERS [Blu-ray]

KANJANI∞ LIVE TOUR 2010→2011 8UPPERS [Blu-ray]

 

 

変わり続けていくという事。~Endless SHOCK2016雑感~

こんにちは、つかたんです。

今日はいよいよIf or...Ⅷの初日ですね。今年村上信五が何をやりたくて、何をどれだけ吸収出来るのか楽しみにしていようと思います。

ありがたい事に先行一般とも全滅だったんですけど、フォロワーさんにお声を掛けて頂けたので、今年もしっかり楽しんで来ようと思います。

 

さて、2016年2月19日、帝国劇場にてEndless SHOCK2016を観て参りました。

去年のSHOCKを観てから少しずつ少しずつ自分の中で考えていた事をまとめる時期が来たのかなぁと思いましてこうしてブログを書き始めています。

ここまでで何となくお察しの方もいらっしゃるかも知れませんが大絶賛の記事ではない事だけ念頭に置いておいて頂ければと思います。

長くなりますが仕様です。

 

2001年、初めて足を踏み入れた帝国劇場の2列目、センター下手通路横。光ちゃんのリボンフライングの水色リボンが頭を掠めてから15年。

年々変わる演出、演じ手が変わればその舞台の毛色も大きく変わります。

勿論関東在住ではないので毎週毎週通ったりは出来ませんでしたが、それでも演者が変わる度、劇場が変わる度、ロングランではなるべく序盤、中盤、終盤と変化を楽しむように足を運ぶようにしました。

日々変化と前進を続けて来たEndless SHOCKという舞台にほんの少しの違和感を覚えたのはいつの頃だったか正しく記憶していないのですが、大好きだった曲が演目から外された時から少しずつ、少しずつその違和感が大きくなっていたのを覚えています。

そして2月19日18時公演、おそらく最後になるだろう観劇を終えてきました。

スクリーンに映し出された『2000年』から『2016年』までのカウントアップで既に感極まってしまい、光ちゃんが出てくる前に泣き出すという始末でしたが、しっかりと目に焼き付けて参りました。

勿論全く楽しくなかった訳ではないんです。本当に素敵なショーでした。でも、ワタシの好みではなくなってしまっていた。ただそれだけなんです。

ジャニーズブログの中で多くを占める話題の中に『担降りブログ』というカテゴリがあります。自分が今まで応援してきたものから『降りる』というブログを、ワタシは書いたことがありません。何故ならワタシは担当増加式のジャニヲタだからです。

今回はそんなワタシの初めての『担降りブログ』、Endless SHOCKという舞台からの担降りブログになるのかも知れません。

 

文章の組み立て方が下手くそなので話が行ったり来たりしていて申し訳ないのですが、ワタシが近年感じていた違和感はきっと「説明しすぎる」という点に集約しているような気がするのです。

好きな曲がなくなったり、好きな衣装が変わってしまったり、そんな事は全然今まで乗り越えられたんですが、説明しすぎる不細工さを直視出来なくなってしまったのが一番の原因のような気がするんです。

 

表現って難しいんですよね。説明しないと伝わらない、でも説明しすぎると不格好。

ワタシは考察大好きマンなので、少ない説明から色々「ああじゃないか、こうじゃないか」って考察するのが舞台の一つの醍醐味だとも思っているんです。

だから全然説明されてないシェイクスピアの場面とかも大好きなんです。

逆に、考察が出来ない、全部説明されてしまう事に魅力を感じなくなってしまった結果、気持ちが離れてしまった気がします。

SHOCKへの大絶賛の言葉を聞く度にすごく複雑で、こんなわかりやすいの不格好だ、って思ってしまうんです。

 

勿論ショーとしてのクオリティは本当にすごいです。演技、歌唱は勿論、フライングだって、装置の移動だって当たり前のように見ているけど、事故と隣り合わせで、すごい事をやっているんです。

でも、ストーリーをわかりやすくする事がワタシの中でショーのブラッシュアップと最後までイコールになりませんでした。もっとわかりにくくていい、というと言い過ぎかもしれませんが、全てを言葉で説明する事ほど不格好なものはないと思うんです。

 

一番の具体例を挙げるならば、スペインのアクシデントです。

一幕Scene7/World Adventure、曲目SOLITARY。セットが袖につかえてしまい、ライバル役が立ち位置に出て来れず、反対の袖から飛び出してくるシーン。

年々少しずつ、少しずつ分かりやすくなっていって、ある年、コウイチがそれを見た瞬間「俺がカバーする。いつも通りやれ!」とカンパニーの他のメンバーに対して言いました。(記憶だけなので台詞はニュアンスです)

もうダメでした。無言で立ち位置に立つだけじゃ伝わらなかったのかな。そこまで汲み取れるぐらい想像力豊かなのって、当たり前にいると思ってたのにそんなに稀有な存在なのかな。みんながそれを求めているのかな。

色んなことが頭の中で渦巻いて、滅多に劇中意識が離れる事はないのですが、この台詞を聞いた瞬間からその後その曲一曲観れなくなってしまいました。

 

そして、昨年15周年のSHOCKで新しく増えた曲目Missing Heart。

アクシデントのあった直後の幕間でのコウイチとライバル役とのやり取りに曲が付いたんです。この曲で、SHOCKという舞台のミュージカル度がグッと上がったように感じます。

しかし、今年のパンフで光ちゃんが言ってる通り、やっぱりワタシには合いませんでした。音楽、曲が付く方が気持ちが乗りやすいのはわかるんです。わかるんです。でもダメでした。

音楽という力を借りなくても表現出来たんじゃないかなって思うんです。ブラッシュアップするべきはそこなんじゃないかなって。

SHOCKでずっと使い続けられた曲を使う事で、関連性だったり、この曲の度にカンパニーに変化が起きるっていう意識があると言っていましたが、ワタシとしては使い回し感が強すぎて辛かったです。

今までと全く違う曲だったのならばそれもまたONE DAY(屋上の曲)だったり、Higherだったりと同じように少しずつ慣れていけたのかも知れないけれど、どうしても「何か曲を付けないといけないけれど、合うのが作れないからこれにしよう」みたいな感じに受け取ってしまったんです。

これに関してはほんと賛否両論あると思います。でもワタシはそう感じてしまったのです。

二幕オーナーの劇場のバックステージでコウイチ、ライバル、オーナーが3重奏で歌うDon't Look Backも説明しすぎてて気持ち悪くなってしまうんです。「失われた命」とか間違っても歌って欲しくなかった。

 

ONE DAYも本当は全然馴染めなかったんです。特にコウイチが帰ってきて、消えるかも知れないけれど、それでもステージを作ろう、ってなった瞬間にあの曲が流れた時は、本当にダメでした。何でこの曲なの!って。

ワタシが大好きだったコウイチは、死んだとわかっても尚まっすぐ前を見て、「何じめじめしてんだよ!」って喝入れて、グッとカンパニーを引っ張っていくコウイチだったんです。あそこの曲が大好きだったんです。

なのに今のコウイチはオーナーを見て、一礼、屋上の曲を歌い始める。勿論テンポも悪いし、何より後ろを振り向いてるような気がして、辛いんです。ワタシの好きなコウイチじゃない、って思ってしまったんです。

劇中最後に今までの曲をCONTINUEに乗せて全部歌うのも、丁寧に思い出をさらってるのが、何だか違和感なんです。 

 

演者が変わっていく事も、賛否両論あるかと思います。ワタシの中でも勿論あります。

ワタシは、頑張っているのはわかっていてもふぉ~ゆ~が4人でライバル役サイドに立っていた時のマツザキの立ち位置がダメでした。(松の演技がダメとかじゃなくて役としての立ち位置の話です。)

ライバル役独白の直前までコミカルに場を盛り上げて、観客がそれに笑った瞬間、ライバル役が「うるせぇんだよ!!」ってマツを殴り飛ばすんです。まるでワタシ達までもが怒られているような感じがして非常に居心地が悪かったのを覚えています。

 

 

そうやって、少しずつ少しずつ好きな曲が好きなシーンが削られていって、好きじゃない演出に変わっていって、それでも意地か惰性か、何故だか毎年毎月観に行っては「あれは違う、あれは好きじゃない」って言ってるのが苦しくなってしまい、こうして一度すべて吐き出して精算する事にしました。

同じように思ってる人がもしかしたらいるかも知れないって思って書いているのも事実ですが、あまりにもSHOCKの進化を前向きに捉えてる方しか目にしないので、自分が圧倒的少数派なんだろうな、って思って、そうなったら本当にこの演出が好きで観たい人に観に行ってもらうべきなんじゃないかなって思ったんです。

 

勿論光ちゃんがSHOCKに向ける想いの1%ももしかしたらわかってないのかも知れないけど、それでもこうして書くことをやめられませんでした。

読み返したら書き直したくなっちゃいそうなのでこのまま上げる事にします。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

光ちゃん、これからも頑張ってね。

五十音で選ぶオススメ曲。[関ジャニ∞編]~その1~

こんにちは、つかたんです。

いよいよかざまがサブカルな方面から大きなお仕事を取って参りましたね…。

ドラクエアリーナショーでテリー役だそうです。

〈公式サイト〉ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー

ドラクエ全然わかりませんが企画だったり、大掛かりなショーはもの凄く好きで楽しそうなのでお邪魔させて頂こうかと思っております。

 

さて、最近Twitterで #好きなジャニーズ当てるまで帰れま10 というタグが流行ってますね。そこから派生してeighterの中で #好きなエイト曲当てるまで帰れま10 というタグが流行っております。

せっかくなのでワタシも10曲絞ろうかと思ったんですが、そういえば前にこんなテーマでやってたなーという事で第二弾!五十音で選ぶオススメ曲![関ジャニ∞編]やっちゃうよー!(パチパチ)

ルールは簡単、タイトルの頭文字から曲を選ぶ。ただそれだけです。

初回KinKi Kids編はこちらから。

drivemedream.hatenadiary.com

drivemedream.hatenadiary.com

drivemedream.hatenadiary.com

 

前回はソロとか諸々合わせて全部で400曲ぐらいあったので五十音とAtoZを分けておりましたが、今回は関ジャニ∞とそれぞれのソロからのチョイスなので曲数が少なくてAtoZまで行ってません。アルファベットのものもその曲名の読みでチョイスしております。

それではどうぞよろしくお付き合い下さい。

 

【あ】アニマルマジック / 8UPPERS収録

まず一ついい?【あ】始まり多すぎない?*1

イントロからホーンセクションがすごく印象的な曲。

この曲を聴くと8UPPERSを見たい衝動に駆られます。MUSIC FILM本編で使われてないのに*2

コンサートではシンプルにマイクスタンドでしたが、今横山さん(not 剣さん)がトランペットを吹けるようになったのでまたバンドでやったりしたら面白いんじゃないかと思ってます。すごく男臭くって、でも色気がある曲。

 

【い】イエローパンジーストリート / T.W.L./イエローパンジーストリート・8EST収録

アニメの主題歌なんだけど劇場版の主題歌だからそれなりにどっしりしていてすごく好きです。

両A面で出た割になかなか披露の機会に恵まれなかったけど、だからこそファンの熱量がしっかりしている曲のように思います。

作詞作曲はTAKESHIさん。言葉より大切なもの/嵐とか書いてる人ですね。エイトにもたくさん曲を書いて下さってます。

 

【う】浮世踊リビトWonderful world!!!収録

こちらもホーンセクションが印象的な曲。っていうか、もう、好き。

8UPPERSのコンサートで一曲目に持ってこられる程にパンチが強く、世界観が作り込まれています。

山田の二人の声がホーンセクションと相まってすごくいい感じに効いているので山田好きな人は特に聴いて欲しいです。

そしてこの曲も作詞作曲はTAKESHIさんです。はい。

 

【え】Eden / 感謝=∞収録

Edenはねー、ほんと好きな人多いと思いますが、これは是非少クラプレミアムで太一くんとセッションしたやつを見て欲しい。ほんと、何とかして見て下さい。

音源の方はイントロのピアノが印象的で、しかもリズムはワタシの大好きなシーケンサーっていう。すばるの声がまだ儚くて好きです。ラスサビ前の畳み掛けとかも結構グッとくるものがあります。

Heavenly Psychoをリアレンジしたのだからこの曲もまたやってくれないかなぁと思ったり。

 

【お】オニギシ 三兄弟 / KJ1 F・T・O収録

正直【お】から始まる曲多すぎて*3ほんっっっっとうに迷ったんですけど、やっぱりこの曲かなーって。(正直一回書き直しました)

横山さんのお母さんが亡くなった頃にやっていた横山さんのソロコンで、アンコールだったかに歌われていた曲です。

ツアーの最中にお母さんが亡くなって、まだ世間に公表される前に何も言わずこれを歌っていた横山さんの事を思うと今でも胸の奥がギュッとします。

元々詞も曲もあったかくて大好きな曲だったんだけど、それ以降特に大切な曲です。

 

【か】悲しい恋F・T・O収録

MASAさん作詞、馬飼野康二さん作曲といえば好きな人は多いんじゃないでしょうか。

当時まだ関西色が濃かったところに放り込まれたこの曲の色気にふわーーーーってなった記憶があります。

ただよしの低音が非常に効いていていいのです。白コート衣装も大好きだったなぁ…。

あと最後の村上信五の囁きな。

 

【き】CANDY MY LOVE キャンジャニ∞ / 前向きスクリーム!収録

これねーーーーーすごい迷ったんだけど入れる事にしました。

CMから起きた企画で、女装の方ばっかりクローズアップされがちなんだけど、この昭和女子アイドル感はすごいと思うんです。

何ていうか、すば子の絶対的センター感ヤバい(語彙が来い)

あと担当の贔屓目かも知れないんだけどコーラスで埋もれない村子の声がすごく好きです。元気コンの円盤はよ(結論)

 

【く】Cool magic city浪花いろは節収録

ストリングスの後のイントロ3音で体温がぐんっと上がる曲です。てーてーてー!

昔から愛されてる曲はやっぱりライブでも一体感があっていいですね。

Bメロの指ピロピロからのサビのお手振りはほんとウキウキしながらやってしまいます。ずっと歌い続けて欲しい曲。

 

【け】ケムリ無責任ヒーロー収録

これもなかなかファンが多い曲なんじゃないでしょうか。ベースの重低音がたまらん。

ロスコ、ドライアイス、とにかくもくもくさせた中から登場させたいやつです。

ファンが多い割に結構あっさりやらなくなったのでまたそろそろやって欲しいんだけど、どうなんでしょう。

 

【こ】ココロオドレバ 渋谷すばる / 記憶/ココロオドレバ収録

はい、ここですばるのソロから一曲。

この曲は映画味園ユニバースでも重要なポジションの曲で、バンドの音の上に乗って歌うすばるが楽しそうですごく好きです。

♪石橋は壊して渡れ 一寸先はきっと『ハッピー!』っていう歌詞が背中をグッと押してくれるような、そんな一曲です。

 

【さ】さよならはいつも / ズッコケ大脱走収録

この曲聴くと、「あー、コンサート終わっちゃうーー」って感覚に襲われます。

47都道府県を回ったツアーで本編最後になっていた曲ですね。

すばるの歌い出しの声がすごく切なくていっつも心臓がギュッとなります。

多分もう歌われることはないんだろうけど、でも昔の記憶が上書きされないからそれもそれでいいのかな、って思ったりします。

2番のヨコ→ヒナの流れが好きです。

 

【し】Jackhammer / LIFE~目の前の向こうへ~収録

この曲も8UPPERSのコンサートで世界観を構成、表現するのに一役買っていたんではないでしょうか。

亮ちゃんが火の点いた煙草を投げ捨てた瞬間、炎が立ち上り、名実ともに体温がグッと上がった記憶があります。

ドラムとベースの低音が気持ちいいのでまたライブで聴きたいけど、これも多分もう出来ないだろうから、カラオケで爆音観賞会するのがいいのかもしれないですね。

 

【す】Speedy Wonder / ズッコケ大脱走収録

初っ端の村上信五の♪う~~~~~~~~YO!!が好きすぎる件。

彼女の誕生日を一週間間違えてプレゼント渡しちゃって仲が拗れるっていう、イッツマイソウルとかに似たちょっと残念な、でも憎めない男の子の歌です。

これもホーンセクションがジワジワ効いていてすごい好きなんですけど結局全然ライブで聴けなかったのでまたいつか聴けるといいなぁ。

 

【せ】青春ノスタルジー / JUKE BOX収録

この曲はトランペットが曲の雰囲気にすごく合っていていいです。

ライブではマイクスタンドでの歌唱でしたが、これとかナイナイアイラブユー(関ジャニ∞の元気が出るCD収録)とかは一回完全アカペラで挑戦してみて欲しいとアカペラ畑の人間は思ったりしています。はい。

 

【そ】Sorry Sorry love / JUKE BOX収録

前曲と対照的にピコピコ電子音満載の私の好きなやつです。ダンスが結構しっかりついていたのでライブではすごく幸せでした。

あとエフェクトの掛かった歌声好きすぎる件。

象(関ジャニズム収録)ともすごく迷ったんだけど、如何せんワタシが村上信五のダンス好きすぎる故に、このチョイスです。

 

 

【た】旅の涯には / ズッコケ大脱走収録

最初のドラムからのエレキギターがテンションをグンッと上げてくれる一曲です。

アルバムに付いていた謎のコスプレ特典映像*4で最後、宝箱に接近するタイミングで掛かるんですけど、やってる事意味わかんないのに何かかっこよく見えてしまうのが不思議で仕方ありませんでした。

 

【ち】※欠番※

地元の王様(ぢもとのおうさま/ズッコケ大脱走収録)にしようかとも思いましたが、何かこじつけ感満載なのでやめました。

ちなみに私はちーちゃん*5が好きです。

 

【つ】『って!!!!!!!』 / 8UPPERS収録

忘れがちなんですけど、この曲って安田・ただよし作詞、安田作曲なんですよね。

ヤスの曲って本当にエイトの個性だったり良さを引き出すのに最適なんですよ。

不器用で常に胸の奥で抱えてる想いだったりを口に出来ない、っていうのが何だか横山さんと重なるので、個人的にはイメージ映像は横山さんですw

 

【て】desire 渋谷すばる安田章大無責任ヒーロー(初回盤B)DVD・COUNTDOWN LIVE 2009-2010 in 京セラドーム大阪DVD収録

音源化はされていませんが、この曲選ばせて頂きました。

もう、これ本当に申し訳ないけど欠番にしたくなかったんだ!!この曲好きすぎるんだ!!!

ピアノ一本とリズムに、二人の声だけ。その分ハモりがしっかりと活きていてすごく好きなんです。すばるとヤスだから、すばるの高音、ヤスの中低音が際立ちます。

愛を渇望するが故に重たくなってしまうけれど、一途に相手を想うこの歌詞も本当に好きなんです。

DVDでしか見れませんが良かったらお手に取って見てみてください。

 

【と】ドヤ顔人生関ジャニズム収録

長瀬書き下ろしの一曲ですね。

イントロのすばるのハープがすごく男臭くて好きです。

♪云いたい事は 特にありません でもわかってくれよ…

♪大人になるってそんな事なのか?

って歌詞が好きです。あとこれは関ジャニズムのライブDVDを見た方がいいかも知れないですね。

ライブをやり続けてきてヘロヘロになった30代前後の男たちが懸命に奏でる姿は本当にいいです。

 

今回はここまで!

関ジャニ∞気になってるけど全然わかんないわーって人は、とりあえずまずはベストから聴いてみてください。8ESTは初回盤あったら絶対そっちの方がいいけど、とりあえず通常盤貼っときます。

8EST(通常盤)

8EST(通常盤)

 

 ありがとうございました!

*1:数えたら19曲もあったよ

*2:エンドロールで使われるだけでした

*3:関ジャニ∞【あ】始まりと【お】始まり多すぎる件。

*4:王、大臣、魔法使い、僧侶、勇者、狩人、遊び人に扮したエイトが宝箱を探すという謎の映像

*5:村上信五の愛猫。茶色のマンチカン、メス

#私を構成する9枚、をやってみた。

こんにちは、つかたんです。
先日のねこまみれブログへの星ありがとうございます。
映画「猫なんかよんでもこない。」は全国TOHO系でまだまだ公開中なのでお時間ある方はぜひかわいい生き物たち(かざま含む)に癒されてきてください。(宣伝)

さて、今日のブログテーマは「#私を構成する9枚」です。
SNSでやってる方をたくさん見かけるのでワタシも名刺代わりにやってみようかと思いました。


f:id:drivemedream:20160211233947j:plain

上段左側から順番にご紹介します。
①A album/KinKi Kids(1997年)
②NEWS/NEWS(2013年)
③"HAPPY"COMING CENTURY, 20TH CENTURY FOREVER/V6(2000年)

中段に降りて左側から。
④愛されるより愛したい/KinKi Kids(1997年)
Deep in your heart/堂本光一(2006年)
⑥インスピ浪漫2/INSPi(2014年)

最後に下段左側から。
⑦8UPPERS/関ジャニ∞(2010年)
⑧Coward/ENDLICHERI☆ENDLICHERI(2006年)
⑨Spiral/堂本光一(2015年)

バーッと選出した結果、光一さんが2枚、剛さんが1枚、KinKiが2枚、あとは関ジャニ∞、V6、NEWSと今の推しグループから1枚ずつ。そしてINSPiから1枚。
非常に良いバランスですね。発売の年数とか見てもバランス取れててこれはなかなか面白い議題かな、と。
選出の基準は一言で言えば『エモい』1枚である事です。
最初Twitterだったかでこのワード見た時には何だかよく意味が分からなかったんですが、その後KinKiのコンサートで「愛されるより愛したい」のイントロを聴いた瞬間、ブワッと鳥肌が立つと同時に当時の思い出だったり感情だったりが蘇ってきて、すごく感傷的というか心を強く揺さぶられるような気持ちになったんです。
その瞬間、「あっ、これが『エモい』か」と思った訳です。
まぁ、Twitterという限られた文字上で受け取った情報にちょうどいい自分の感情を付与させただけなので正しい使い方かどうかはわかりませんが、少なくともこのブログ上では『エモい』っていうのはそういう意味で受け取って頂けるとありがたいです。
せっかくのブログなのでなるべく自分の言葉で表現したいとは思いますが…。

まぁ、そんなことばっかり言ってても仕方ないので、早速9枚ご紹介させていただきます。長いですが仕様です。


①A album/KinKi Kids(1997年)
言わずもがなワタシのジャニヲタの原点です。
Rocksのイントロは未だに心が震えます。超エモい。(早速)
M albumでRocksセルフカバーされたのも嬉しかったんですが、ワタシの中ではどうしても♪Get downの直後の特効までがセットで聞こえるんです。
3days Panic!とか見て頂けるとこの曲の持つエネルギーの大きさが伝わるんじゃないでしょうか。
あとFRIENDSとか、たよりにしてまっせとか、イントロ流れる度に「あーーーーーこれこれ!!!」ってなる1枚です。
金田一少年の事件簿見てた人にとってはKISSからはじまるミステリーとか、ひとりじゃないとか聴き覚えあると思うし、銀狼怪奇ファイル見てた人にとっては僕は思うが超エモいと思うし、何ていうか所謂捨て曲が全然ない密度のアルバムがファーストアルバムってやっぱりすごいと思う。


②NEWS/NEWS(2013年)
チャンカパーナとも迷ったんだけど思い入れ的には格段にこっちなのでアルバムNEWSのチョイスです。*1
もうねーー、4+FANとHIGHER GROUND聴くと未だにあのツアー思い出して泣いちゃうんです。
4人になって個人的にちゃんとガッツリ回ったツアーで、楽しくて楽しくて、楽しい事が嬉しくて、また笑えることが嬉しくて、泣いちゃうツアーでした。
4人がねーーー、嬉しそうに楽しそうに笑うんだよーーー。だから本当はツアーのDVDをチョイスしたいけどそうなると他の選出が難しすぎるのでアルバムの方で。
あとGreedierもイントロからやばい。今もブログ書きながら聴いてて泣きそうです。
かと思えば渚のお姉サマーとか水しぶきが弾けるようなキラキラした歌声で、振りも楽しくって、すごく大好きです。


③"HAPPY"COMING CENTURY,20TH CENTURY FOREVER/V6(2000年)
2000年ってちょうどワタシの第一次V6ブームだったんですよね。
だいたい小学校高学年から中学校辺り、学校へ行こうOAがあって、特に剛が月下の棋士やってる時はガッツリ剛担でした。
当時通ってたそろばん教室にもV6好きな先輩ジャニヲタが居て、二人で特典目当てに自転車で川越えて隣の市にあるCDショップまで行ってたりしました。
なのでこれを聴くとほんとその当時の事をぶわーーーって思い出すんですよ。特に野生の花とIN THE WINDかな。
あとワタシがブイに戻ってきたきっかけもこのアルバムの1曲目に入ってる羽根~BEGINNING~って曲で。
ちょうどREADY?コンのセットリストに入ってたんですよ。この曲とover聴いて号泣して、ブイヲタに舞い戻ってきました。
そんな思い入れの強い一枚です。


④愛されるより愛したい/KinKi Kids(1997年)
はい、来ました。件のエモい曲。
この曲はもう全部がずるい。
曲の構成も、音色も、PVも、ドラマの思い出も、全部がずるい。
KinKiの中で好きな曲を聴かれるとこの曲を上げます。そして当時ドラマ見てた人と土9枠が神だった話で盛り上がるんですよね。
こないだのコンサートでも「あなた達が好きな曲やります!」ってWアンコールでやってくれました。
まぁ、ワタシはWアンコールにはハピグリ*2が聴きたかったんだけどな!!


Deep in your heart/堂本光一(2006年)
光ちゃんのソロシングル1枚目ですね。何かこの曲だけはやっぱり思い入れが強くって、選んでしまいました。
他の1枚みたいに「この思い出!」っていうのがある訳ではないんだけど、この曲に付与している想い出がやっぱりシングル1枚目だからその分多くって。
PVも世界観が丁寧に作られていて、モノづくりに対する光ちゃんの強い思い入れを実感するようになった一枚です。


⑥インスピ浪漫2/INSPi(2014年)
ワタシはジャニヲタと並行してこのINSPiっていうアカペラグループを追い掛けて10年になります。
そのグループが2014年に本多劇場で朗読劇をやった時に7年半ぶりに出したオリジナルアルバムです。
7年半ぶりですよwもちろんシングルは間に挟んでたものの、オリジナルアルバム7年半ぶりとかジャニ界隈じゃちょっと信じられないですよねw
でもその朗読劇がものすごく良くって、「来れなかった人にも伝えたい!」って書き起こしをしようとしていた事を今思い出しました←
大学時代に香川から東京大阪問わず全国各地色んな場所の色んな現場にたくさん通って、全国各地にたくさん友達が出来て、バンドの方向性が変わるたびに身内とあーでもないこーでもないと議論を重ねていたんですが、その方向性が当時の自分とドンピシャに合致した一枚です。
一個一個あるたくさんのご縁が奇跡的に集まったから今があるんだって思わせてくれるそんな一枚です。


⑦8UPPERS/関ジャニ∞(2010年)
これはもう最高で最強のアルバムだと思っています。
6年経っても続編を求める声が止まないミュージックフィルムというPVのアルバム版、みたいな物語が初回盤に付いていました。
エイトが気になるっていう人にはまずこれを貸すようにしています。おかげで箱がべこべこですw
どの曲もその場面を思い起こさせるし、勿論ライブの情景も浮かんでくるし、本当にうわーーーーってなる一枚です。
そしてワタシはヒナ担ですが、パッチではアーセナル一筋ですキリッ
お近くにエイト担の方が居たら、もしくはどこかで見かけたら、初回盤ぜひ見てみてください。損はさせません。


⑧Coward/ENDLICHERI☆ENDLICHERI(2006年)
ジャケット見てもらえればわかると思うんですが、堂本剛さんのソロプロジェクトENDLICHERI☆ENDLICHERIの一枚目のアルバムですね。えんどりけりーえんどりけりーって読みます。
最近はもう当たり前というか通過点みたいな感じになっていますが、当時、ソロで何かをやる、しかも本人の名前でなく別名で、っていうのはすごく挑戦的だったように感じます。インストが多く入ってるのもまた異例だったかな。
しかもENDLIさんはソロライブの為に建物まで作っちゃう!ほんと衝撃でした。勿論ツアーなんて回って来ないので横浜まで遠征ですよね。
2曲目の故意を聴くと当時横浜のそのWatertankまで歩いた道のりを思い出します。


⑨Spiral/堂本光一(2015年)
はい、最後はやっぱり光一さんで。
これの発売まではずっとBPMがアルバム、コンサート共に最高だと言い続けていた訳なんですが、やっぱり越えてくる人なんですよね。
Spiralコン最高でした。円盤はよ。個人的にオーラス名古屋で死にそうになりながらやってたパフォーマンスよりは、一つ一つを確実に弱音吐かずに完璧にやった方が好きなので円盤出すなら名古屋オーラス以外でお願いしたいところ……
オーラスの最後の方、熱中症を起こす時ほどしんどいのは仕方ないけど弱音いっぱい吐いてたのがなーってなって、その時点でコウイチに負けてるよ、って思っちゃったからかヘロヘロになってでもパフォーマンスをする姿が一瞬Endless SHOCKのコウイチに重なる瞬間があって、「大丈夫?消えちゃわない?」って思った記憶があります。*3
またアルバムリード曲のFameが最高なんですよ。今カラオケDAMだったかでPV見れるので、もし気になった方居たらぜひ見てみてください。
何よりビジュアルが最高。堂本光一×スチームパンク最高か。*4


そんな感じの9枚ご紹介でした。長いのは仕様です、すいません。
少しでも何か気になった一枚があれば嬉しいです。
今回は、ジャニ関連のものは持ってる方多いと思うのでINSPi貼っときますw

インスピ浪漫2

インスピ浪漫2

最後まで読んで頂きありがとうございました!

*1:っていってもチャンカパーナ入ってるけど

*2:Happy Happy Greeting光ちゃんのお誕生日と言えばこの曲だと思ってる

*3:その次の瞬間も思ったけど、今思ってもワタシ頭おかしい人だと思う

*4:これアルバムの感想記事でも言った気がする

ねこ×ねこ×かざま=可愛さ無限大

こんにちは、つかたんです。

こないだふとブログの存在を思い出したので思い出したようにブログを書きます。←

前回更新がSpiralオーラス以来とか、ほんとアレですね。

 

さて、別ジャンルで沼を増やしている間に世間では2016年になりまして、光一さんが37歳になりましたね。

そしてあっというまに0126を通り越して村上信五が34…?(担当なのにうろ覚え)

前回の更新からだとかざまの舞台があって、文ちゃんと屋良っちの舞台があって、エイトのツアーが始まって、きんきコンも始まって、年越して(カウコンには行けなかった)、光ちゃんのお誕生日会して、ヒナ担会に参加させて頂いて、ヒナ誕があって、素敵なご縁があってイフオア救済して頂いたり、かざまの映画が公開になったり、そんなこんなで明後日にはまーさのソロミュコンですよ。早ぇ。12月1月あっという間。なのにSpiral円盤のお知らせがまだ出ない。何でや。←

 

何かまたぼちぼち書いて行こうかと思います。何からがいいかな。

世間では今何が流行ってるんでしょう。今更村焼きブログとか書いても仕方ないよね。

かと言ってエイトツアーの膨大なMCを書き起こす体力もないのでぼちぼち告知でもしますかね。

 

皆さん、生活に猫足りてますか?

ワタシは足りてないです。基本的に猫不足です。もふもふしたい。

猫派なのに猫アレルギー。アレルギー判定4でした……。つれぇ。

そんな実際の猫とはあまり関わり合いになれないワタシの元に自担が猫映画の主演を張るという知らせが来たのはいつの事だったでしょうか。

お猫様と自担が共演ですよ。未だに村上信五マンチカンを飼っているという事実に転がり回るほど萌えているワタシに、風間俊介主演猫映画ですよ。しかも主役は2匹。

「猫なんてよんでもこない。」というタイトルを聞いた時、「あぁ、自担がお猫様に振り回される私得の映画なんだな」って思いました。

結果、その通りでした。何たる私得。

 

ストーリーを知らない方の為に簡単に説明すると、崖っぷちプロボクサー(犬派)のミツオと、ミツオの兄貴が拾って来た兄妹猫、チンとクロのお話なんです。

原作が完結済みのコミックス4巻だったので映画を待ちきれず(あと帯がかざまだったので)買って読んだんですけど、このチンとクロが非常に表情豊かでたまらんのです。

クスッと笑う場面もあるけれど、やっぱり生き物のお話なので綺麗ごとだけでは終わらない所もあって、でもすごいあったかいお話でした。

「感動の実話!」とか正直苦手なタチなんですけど、しかしお猫様と自担の共演なんて観に行かないなんて選択肢はなくて。

観に行ってきました。大阪プレミアと初日舞台挨拶。

いやー、画面に出てるお猫様たちも可愛いんだけど、何よりも自担が可愛すぎて何度か袖を噛む思いでした。

ちゃんとした映画評論の所に行けばちゃんとした記事が読めると思うので、個人ブログの特権とばかりにマニアックな話ばかりしますね。以下もうネタバレばっかりです。

 

 

プロボクサーで、あと一勝すれば世界に挑戦できるところで見事に勝つんだけど、目をやられてしまって夢が潰えてしまう。

まとめるとこの一文なんだけど、ボクサーって事は勿論ボクシングシーンがあるんですよ。よくある練習シーンだけじゃなくちゃんと試合シーンも。

何をやっても先生に褒められる器用なかざまさんは勿論ボクシングもまぁまぁ恰好が決まってるんですよ。それで試合シーンですよ。

日舞台で上半身裸になる場面があったので案の定食い入るように見ていたわけですが、ほんと腰細いのたまらんので是非見てください。

 

あとボクシングをやめる、ってなって兄貴に「もう減量気にしなくていいんだろ」ってお金持たされてご飯をたらふく食べに行くんですけど、ワタシ本当に昔から彼のご飯食べる姿好きすぎて好きすぎて、ご飯食べる所見ながらご飯食べれるぐらい好きなんです←

串カツをほおばってるのとか、ご飯かっ込んでるのとか、もうほんとにすごい可愛いんだ。

でも商店街でコロッケを買って、陸橋でそれを食べながらボクシングジムをじーっと見てる姿とかはちゃんと切なさというか哀愁が漂っていて、でも最後の一口をがぶって口に押し込んでる姿は可愛くて…もう初見は頭の中しっちゃかめっちゃかでした。可愛い…切ない…かわいい…かわいい…(^p^)みたいな。

 

後はちょっと真面目な話をするとやっぱり泣きの演技が上手いんですよね。

クロが町のボス猫になろうとした為に罹ってしまった猫エイズで、苦しんで苦しんで亡くなっちゃって、それをウメさん(ヒロイン)に話す時とか、すごく大好きな演技をしてます。

目にいっぱい涙を溜めて、それでも自分を責めて少し自嘲的に笑う姿とかすごい愛おしくなりました。

 

ヒロイン役の松岡茉優ちゃんとの身長差もナイスなんですよ。

身長差が「ない」のがナイスなんです。原作だとその後お付き合いするところまで描かれてるんだけど、映画ではまだくっついてなくて、クロが亡くなった事を話して、ウメさんはミツオが給食のアルバイトを休んでた事を心配してて、お互いが「あの、えっと、あの……」みたいになってる所とかもう非常にたまらんです。

 

「泣ける猫映画」っていうだけの告知にはしたくないので、別角度からの話ばっかりになってますが、ワタシは3回観て3回目で泣きました。

チンとクロの漫画を描く、ってなってデザイン起こしてる最中にクロとの想い出がフラッシュバックしてくるんだけど、3回目ともなるとワタシ自身もスクリーンを通してではあるけれどクロと過ごした時間を追体験しているわけで、それがブワッて流れ込んで来て泣いてしまいました。

またここのかざま氏の泣きの演技も最高なのでぜひ。

 

ここまで読んで新たに観に行きたい!ってなってくれる人が居るかどうかはわかんないけど、でもスクリーンに映るチンもクロもミツオも全員かわいいので、かわいいものに飢えてる人は是非お時間作って観に行ってみてください。

個人的に川の側に座り込んで猫を抱いたまま木の棒で作った釣竿を持って、パンの耳もぐもぐしてるかざまがぐうの音も出ないほどかわいかったのでお知らせします。

映画公式サイト貼っとくので良かったら予告だけでも見てみてくださいな。

nekoyon-movie.com

 

よし、何か久々にちゃんと担当さんのお仕事に貢献した気がする!w